第696回 2019.08.05

皮革製造会社を訪問する

最近レザードアの依頼が急に増えてまいりました。

以前に関西のレザー製造会社を訪問した時を紹介いたします。

私の認識では、せいぜい数頭分の牛の皮を1ロットとして、裏打ち・鞣し・乾燥・塗装・型押しなどの工程が行われ、製品となる革の完成になるのかと思っておりました。

ところが工場内では、数千頭と思われる牛の皮が各工程で分担されて作業が行われておりました。

以前問い合わせをしたことがある製造会社では、色の指定をいたしますと、納期は2~3ヶ月かかると言われていました。

今回の製造会社では、常に各工程では作業が順番通りに行われているため、数週間で出来上がってまいります。

また想像もしていなかったようなレザーの種類があり、有意義な訪問でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「皮革製造会社を訪問する」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ