第694回 2019.07.21

取り壊される旧家で使われていた部材で作る家具・建具

5か月くらい前に、古材を使って家具及びドアを作ってほしいとの依頼が、リホーム会社様からありました。

まず引き受けできるかどうか、古材を拝見して判断をしなければなりません。古材を拝見するために、もう使われていない旧家を尋ねました。

その旧家は、昭和初期に建てられた家で、建築に使われている材料及び作りは、非常に高価で繊細な作りで仕上げられていました。

壊されるのはもったいない気がいたしますが、維持されるとなると大変な費用が発生いたします。

弊社でできる事は、思い出の材料が形を変え、今後ご家族を見守っていただけるようにとの思いで家具・建具を製作することです。

快くお引き受けをいたしました。

ただ材料の痛みは激しく、職人さん達は苦労をされた事かと想像いたします。

見事復活いたしました。

 

ケヤキ材が形を変えての復活です

 

 

もともとの材料です

 

 

建具の復活です

 

 

もともとの材料です

 

市松オブジェとして復活

 

もともとの材料

「取り壊される旧家で使われていた部材で作る家具・建具」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ