第565回 2017.01.16

2年半ぶりに「気導術」の訓練に行ってまいりました。

“気”のエネルギーで病気を治す。

3年前に偶然出会った気導術ですが、当時私の膝は無理なスクワットをして壊し、10年間にわたり正座ができない状態でした。

ところがなんと10分間で正座ができるようにしてくれたのがご縁でした。

3日間の合宿訓練を受け、ある程度の能力をマスターし、その後は1カ月に一度訓練を受けていました。

これまで気導術訓練のおかげで、多くの方を治してあげることができ、喜んでいただきました。

ここ最近は訓練を休んでいましたが、急にパワーアップをしたくなり、会長直々の訓練を受けることにいたしました。

 

訓練を受けてから感じるのですが、手のひらから指の先にかけて、今まで以上にピリピリと何か(気?)が発散しているような感じがいたします。

 

両手を目いっぱい広げて、その真ん中にティッシュペーパーを置きますと、大きく揺れだします。

 

また昨日、新宿高島屋で展示会をやっていまして、その中に「黄金のおりん」が出品されていました。

非常に興味があったので音色を聴きに行きましたところ、その響きは素晴らしく、手のひら全体が反応をしていました。

 

さてお役にたてるように、訓練を積み重ねてみます。

「2年半ぶりに「気導術」の訓練に行ってまいりました。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ